坐骨神経痛  東灘区住吉ゆかわ鍼灸整骨院

2021年11月18日

こんにちは!ゆかわ鍼灸整骨院ブログ担当です

今回は最近多い坐骨神経痛について書いていきたいと思います

 

坐骨神経痛は腰から足にかけてシビレや痛みなどを引き起こします

ひどくなると日常生活に支障をきたし、夜寝ているときも痛くて熟睡できないこともあります

通常は骨盤など骨格を調整したり筋肉を調整していくことにより改善されていきます

 

 

(当院で見つかった坐骨神経痛の原因としては)

1,梨状筋の硬さによるもの

お尻の筋肉の中に梨状筋(りじょうきん)というものがありますが、この筋肉により坐骨神経が圧迫されて痛みシビレなどを引き起こすパターンが多いですが、この場合は比較的早期に症状が改善していきます

 

2,腰椎ヘルニアによるもの

骨盤や股関節のゆがみがあると、その骨盤の上にある腰椎(腰の骨)がバランスを崩してゆがみが出てきます

そのゆがみが腰の軟骨をもゆがませて結果的に神経を刺激するのが腰椎のヘルニアです

骨盤や股関節などのゆがみを調整すると骨による圧迫刺激が無くなるので坐骨神経痛は改善されていきます

 

3,猫背などの姿勢によるもの

姿勢が悪いと正常ではない方向に骨盤が傾き、坐骨神経に負担がかかるため症状が出てきます

さらにその状態を続けることで酷い腰痛にも繋がっていきます

 

 

坐骨神経痛の改善方法は色々ありますが、まずは風呂上りにお尻まわりをストレッチしてください

その他ウォーキングなどの軽い運動を行い血流を良くしていくことによって症状が改善していくこともあります

 

セルフケアの方法がわからない場合や、なかなか症状が改善しない場合は是非ゆかわ鍼灸整骨院へご相談ください!

 

 

 

 

東灘区の住吉で腰痛、肩こり、頭痛、猫背、自律神経失調症、不眠、耳鳴り、その他お体の悩みは ゆかわ鍼灸整骨院

ギックリ腰  東灘区住吉 ゆかわ鍼灸整骨院

2021年09月15日

こんにちは、ゆかわ鍼灸整骨院です!

皆さんの中には、何度も再発するぎっくり腰でお困りの方が結構いらっしゃるかと思います。

あなたには普段このようなお悩みはありませんか?

  • 痛くて立ち上がるのがツライ
  • 咳やくしゃみをした際に腰に激痛が走る
  • 腰の痛みで靴下を履くのが難しい
  • 年に何回もぎっくり腰になる
そもそもぎっくり腰とはどういう状態なのでしょうか?

ぎっくり腰とは、重い物を持った時や不意に姿勢を変えた時、くしゃみをした際などに、突然腰や殿部などに痛みが走り動けなくなってしまう症状のことを指します。

欧米などではその痛みの激しさから「魔女の一撃」とも言われています。
日本では一般的には「急性腰痛」といい、胸椎や腰椎の椎間関節に起こる捻挫や、防御反応による筋肉の過緊張による痛みの事をいいます。

なぜその症状が発生するのか?

原因としては
・長時間のデスクワーク時の不良姿勢による腰の疲労
・重い物を持ち上げた際に腰に無理にかかった負荷
・普段の不良姿勢からくる体の歪みや筋肉バランスの乱れ
・日常生活上の体の使い方のくせ
これらが蓄積して体に負担をかけ続けしまい、健康な時には問題なくできるような簡単な動作でも、体に問題があるため、体をうまく使うことが出来ずに腰を痛めてしまうのです。

放置していても1週間~2週間を目安に症状は改善しますが少し改善しますが、出来るだけ早期に治療をしていく必要があります。

なぜなら、症状を放置してしまう事で以下のようなリスクがあるからです。

●毎年何回も再発する。

●慢性的に腰に痛みがある状態が続く。

●殿部や足へのしびれの症状が出る。

といった様々な弊害が現れます。

他にもたくさんのリスクがあるため、原因を見つけて早期に治療されることをオススメします。

 

きっかけは中腰で作業をしているとき、朝起上がろうとしたとき、立ち上がろうとしたときなど様々ですが、ぎっくり腰の治療は痛みがとれてから、その後の根本的治療が大切です!!

 

根本的な問題としては、体の歪みや日常生活上の姿勢の悪さが原因であることがほとんどです。

患者さん一人一人、それぞれ体の歪み方や姿勢の状態は異なります。

そこで、まずは歪み方や姿勢の状態を検査して根本的な原因がどこにあるのかを分析します。

 

体の歪みや姿勢が原因であれば、骨盤矯正や歪みの矯正を行うことにより姿勢も改善されます。

但し、体の状態が改善されたとしても、その状態を維持することが大切ですので、施術とは別に姿勢を維持するための指導や筋力トレーニングの方法などをお伝えしていきます。 

ギックリ腰を予防するためにインナーマッスルのトレーニングが必要です。

自分でトレーニングできれば理想的んですが、一人ではなかなか続けられなかったり効果を出すのが難しかったりします。

 

そこで、当院では姿勢を維持するためにインナーマッスルを効率よく鍛える事のできるトレーニングマシンがあります!!

 

鍛えるインナーマッスルのある場所に電気を流すためのパットを貼り、直接その部分に高圧の電気を流すことで深部の筋肉を動かして、寝たままインナーマッスルを鍛えることが出来ます! 

 

ぎっくり腰の痛みがとれた後は、痛みが再発しないよう、症状を繰り返さないためにも根本的な治療をしていく事をオススメします!!

 

ご相談は東灘区の住吉 ゆかわ鍼灸整骨院へどうぞ

膝の痛みの原因  東灘区住吉 ゆかわ鍼灸整骨院

2021年02月9日

こんにちは!

東灘区住吉 ゆかわ鍼灸整骨院です

 

膝の痛みでお困りの方はいらっしゃいますでしょうか?

ひとつお聞きしたいのですが、
あなたは猫背ではないでしょうか?

もし、膝の痛みをお持ちで、なおかつ猫背である場合、
あなたの膝の痛みはとても治りにくいと言えます。

整形外科や整骨院などを受診した時に、
膝の痛みがなかなか改善しにくいといった場合に、
実は、膝の痛みと猫背が関連しているんです、

という事を指摘してくれる整形外科、整骨院はあまりないと思います。

今回は、膝の痛みと猫背がどのように関連するのかをお伝えします。

 

 

なぜ膝の痛みと猫背が関係するのか?

 

猫背というのは、背骨の背中の部分で丸くなり固まっている状態を言いますが、
ほとんどの場合、猫背になっていると腰の動きも固くなります。

背中が丸まっているため、身体を後ろに反らせたり、

真っすぐに伸ばしたりすることが難しい状態です。

それにともない腰も反りにくい状態になっています。

一般的に反り腰はあまり良くないと言われますが、
適度な腰の前カーブが無い状態で、腰を反らせる運動ができないという事も、
とても大きな問題になります。

また、腰の動きが悪くなることで、骨盤の動きも悪くなり、

骨盤の動きが悪くなると、股関節の動きも悪くなります。

そして、股関節の動きが悪くなると、太ももの筋肉が固くなり、

その結果、膝だけに負担がかかってしまい、

膝の痛みが改善しにくい状態になってしまうのです。

 

膝の痛みと猫背を両方お持ちの方はどうすればよいのか?

自分で簡単に改善できる方法を2つご紹介します。

まず、ご自身の
膝に痛みの出る動きを確認してみてください。

今からご紹介する方法を実際に試していただくと、
違いを実感していただけるかもしれません。

 

①肩甲骨の動きを改善する

これまでお伝えした内容をまとめますと、
背中が固くなっている ≒ 膝に痛みが出る という事が言えます。

ご自身で背骨、特に胸椎の動きを改善させることは
非常に難しいと思いますが、
肩甲骨を動かすだけでしたら、さほど難しくはないと思います。

両方の肩を上げながら前回し・後ろ回しと大きく回す事で、
肩甲骨を大きく動かせると思いますので、ぜひ日常生活の中で意識的に動かしてみてください。

 

②首の筋肉をストレッチをする

猫背の方は、首の前側の筋肉が硬くなる傾向があります。
首の前側を伸ばすことで、
頭の位置が前に倒れて姿勢が悪化することを防止する効果が期待できます。

立った状態でも、座った状態でも結構ですので、
首の前側が伸びるのを意識しながら、天井を見上げるようにゆっくり上を向いて、
首の前側の固くなった筋肉をストレッチしてみましょう。

 

膝が痛くなる動作をする時に足元を見ない、というのもポイントになります。

痛みを感じると、つい下を向いてしまう方が多いと思いますが、
下を向く事で、背中が丸くなりやすくなり、その結果膝への負担が大きくなってしまいます。

 

膝の痛みと猫背には関連性があり、
膝の痛みを改善するためには、
背中の固さをとるために肩甲骨を動したり、首の前側の固くなった筋肉をストレッチする事、また痛みの出る動作をする場合に足元を見ないようにする!ということが大切になります。

 

膝の痛みや猫背姿勢、その他 腰痛、肩こり、頭痛などでもお困りの方は、ぜひ一度当院へご相談ください!

ゆかわ鍼灸整骨院

内臓からくる体のダルさ・不調

2021年01月25日

こんにちは。

東灘区住吉にあります

ゆかわ鍼灸整骨院 湯川昌喜です。

 

「いつも疲れやすい」
「なんとなく身体がだるい」
「病気ではないのに、なぜか身体の不調を感じる」
というような事はないでしょうか?

 

日常生活でのストレスや食生活、化学物質や薬、気候、飲酒や喫煙などで、内臓がストレスを受ける事により、様々な不調が身体に現れる事があります。

内臓を正常な位置に調整したり、溜まった毒素の排泄、消化液の分泌などを促す事で、内臓の機能を正常に戻し、体の不調を改善していく事ができます。

 

 

色々な原因で、内臓機能が低下することで、疲労物質や老廃物の代謝がうまくできなくなってしまいます。

そうなる事で疲れやすくなったり、十分寝ているのに疲れが取れない、肌荒れ湿疹などの皮膚トラブル、体が重く感じる、仕事や家事に集中できない、血色が悪くなるなど、様々な症状が現れます。

 

身体に不調を感じて病院を受診しても特に問題が発見されず、異常なしと診断されてしまうことが多いようです。

そのような原因のはっきりしない身体の不調は、内臓の位置の異常や、肩のこりのように内臓に疲労を蓄積しているために起こる事があるのです。

 

さらに、固くなってしまった内臓が、周囲の筋肉に影響する事で、腰の痛みや肩こり・背中の痛みの原因になってしまう事があります。

 

内臓の調整と言われて、ギュッとされたり痛みを伴うのではないかと思われると思いますが、お腹や内臓を直接強く押したりするわけではありません。

ごく軽い力でお腹や背中に手を触れる程度の刺激を与え、内臓の位置を正常に戻したり、溜まった毒素の排泄や消化液の分泌を促し、機能が正常に戻るような施術を行います。

 

 

なんとなく身体に不調があったり、疲れやすい、だるい等の症状でお困りの方は、
内臓の不調が原因かもしれません、ぜひ一度 東灘区の住吉にある ゆかわ鍼灸整骨院へご相談ください。

腰痛の原因 

2021年01月20日

こんにちは。
ゆかわ鍼灸整骨院 湯川です。

 

あなたは「腰の痛み」にお悩みではないでしょうか?
ある調査によると「腰痛」は身体の不調のうち、女性で2位、男性では1位という回答結果が出ています。

今までに、急性の腰痛であるいわゆる「ぎっくり腰」になられたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この様な急性の腰痛になって、病院や整骨院などを受診される方のほとんどが、普段から「慢性的な腰痛」を感じておられます。

本来これらの症状の根本的な原因として、日常生活や仕事中の姿勢などの問題があると考えられます。

しかし、病院や整骨院などを受診した際、とりあえずの痛みにフォーカスし、腰を冷やしたり、ブロック注射や痛み止めなど、対処療法のみで対応される場合が多いため、姿勢の問題が改善されないままとなり、それが何度も「ぎっくり腰」を繰り返す原因になっていると考えられます。

 

ですから「ぎっくり腰」は前触れなく突然発生した急性腰痛ではなく「慢性腰痛から引き起こされた急性の症状」であると言えるでしょう。

元々あった慢性の腰痛を放置してしまう事で、もっと重篤な症状である「椎間板ヘルニア」などへと発展してしまう事がありますので、早期に問題を発見し、適切な施術を受けていただくことが大切であると考えます。

 

当院では、腰痛の根本的な原因である「姿勢の問題」を正しい状態へと近づける事で、痛みや不調を起こしづらい身体へ変化させるための、患者様お一人お一人に合わせた施術プランをご提案させていただいております。

 

長年の腰痛やお体の不調などにお悩みの方は、ぜひ一度東灘区住吉にある ゆかわ鍼灸整骨院にご相談ください!

 

 

肩腰のツラさや骨盤矯正、美容鍼などはゆかわ鍼灸整骨院

自律神経による不調

2020年12月3日

こんにちは!ゆかわ鍼灸整骨院と申します。

最近気温の変化が激しく、自律神経が乱れて体が不調になりやすい時期なので

今回は自律神経に関してお話させて頂きます。

 

胃腸や心臓などの内臓の動き、体温、呼吸など、普段意識しなくても勝手に動いたり一定の状態を維持しているものは「自律神経」が調整をしています

自律神経とは、体を活発に動かしている時や、物事に集中している時に活発になる交感神経

リラックスしている時や睡眠時に活発になる副交感神経との2つの神経のバランスによって調整されています

その2つの神経のバランスが崩れることにより、さまざまな不調が起こります

 

 

日常生活での原因としては主に3つあります。

 

不規則な日常生活

睡眠不足や不規則な食事を続けていると体のリズムが狂い自律神経が乱れやすくなります。

 

精神的・肉体的ストレス

仕事や家事育児、人間関係などの悩みや不安イライラ、その他 事故や不快な音、光、温度なども自律神経の乱れを引き起こす要因となります。

 

病気

自律神経を乱れさせる代表的な疾患として自律神経失調症や更年期障害があります

自律神経失調症は精神的、身体的なストレスを過剰に受けることで発症することが多く、発症をきっかけにさらに自律神経が乱れる悪循環に陥ってしまいます。

特に更年期障害では、女性ホルモンの急激な減少により自律神経が乱れてしまい、頭痛やめまい、急にのぼせたり顔がほてったりという様々な不調がみられます。

 

以上のような自律神経の乱れから来る体の不調や頭痛・めまいなどの様々な症状を改善するために、当院では自律神経を整えるための施術を行っています。

なかなか良くならない頭痛やめまい、体の不調などがありましたら、ぜひ当院へご来院ください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ゆかわ鍼灸整骨院

〒658-0051

兵庫県神戸市東灘区住吉本町2-14-1

078-841-7333

ホームページより24時間インターネット予約受付中~!

ご予約はこちち

 

長年の猫背が気になってパソコン作業がしんどい方!

2019年01月18日

こんにちは、東灘区にありますゆかわ鍼灸整骨院です。

今回は多くの方が悩んでいる猫背についてお伝えしていきます。

そもそもなぜ猫背や姿勢が悪くなるのでしょうか?その原因として考えられることは大きく分けて3つあります。

 

一つ目はデスクワーク

猫背や肩コリで悩んでいる多くの方がパソコン作業をしています。

長い時間、座ったままのパソコン作業

一見座っているだけですが、実際は身体に大きな負担がかかっています

椅子や机の高さ、パソコンの位置はいかがですか?

長時間、身体に負担がかからないように作業をしていくうえで、とても重要です!!

 

二つ目は胃や腸、内臓の不調

内臓の働きは自律神経にも影響を与えるため、猫背にも関係します

 

三つ目は心因性

良くないことがあったり、落ち込んでいると、気が付かないうちに下を向いてしまいます

そのが猫背の原因になりうることもあります。

 

 

 

このように猫背になる原因は様々です。

では、実際にどのように姿勢が悪いのか、どうなっていたら良くないのでしょうか?

 

①内側に肩が入っている(巻き肩)

②背中が丸まっている

③首が前に出ている

これら3つは別々のように見えて実はすべて関連しています

 

巻き肩になることにより肩甲骨が外側に引っ張られて背中が丸まります

また、巻き肩になると、頭が前に出ます

 

そして、バランスをとるために、顎を前に出します

そうすると、頭を支えるために首の後ろの筋肉は常に頑張らなければならない為、負担がかかり続けます

 

そうなるとコリや痛みとして出たりします

 

また猫背で背中の筋肉が伸びて緊張する一方、胸やお腹の筋肉は縮まってしまい

浅い呼吸になってしまいます

 

そのため酸素を取り込む量が減り、頭がぼーっとしたり

集中力の低下、肌荒れにもつながります

 

 

このように、姿勢が崩れ、猫背になることにより様々な体の不調を引き起こす原因をつくります

 

そうなる前に、まずは姿勢をチェックしにいらしてください!

 

長年の猫背で見た目や日常生活にお困りの方は、ぜひ一度 東灘区住吉ゆかわ鍼灸整骨院にご来院下さい。

 

 

出産後の腰痛 ゆかわ鍼灸整骨院にお任せください

2018年06月18日

こんにちは!ゆかわ鍼灸整骨院です

今回は

[出産によりお腹やオシリまわりの体型が崩れてしまい、腰の痛みにも悩んでいる] 

東灘区の住吉にお住いのN様が来院されました

 

女性は出産によってホルモンの影響もあり、骨盤が開いてしまうことがあります

 

出産後に適切なケアをしないと腰の痛みが出るリスクが高くなってしまうだけでなく、骨盤の捻れやそれに連なって体型の崩れもあらわれます

item.1041.0

そうなると腰以外にも症状が現れてきますので出産後1~2ヶ月が過ぎて体調が落ち着いてきた辺りから整骨院での産後ケアをお勧めしております

 

来院当初のN様も当初は腰痛を訴えていらっしゃいました

 

しかし、骨盤の歪み矯正をはじめて5~7回目くらいでまず大きな歪みが整った事により、痛みが軽減していきました

 

その後も続けて調整していき、現在では体幹インナーマッスルのトレーニングもメニューに取り入れて行っていることもあり、以前より引き締まった身体のラインを獲得されています

item.1042.0

 

また正しい姿勢での育児、家事ができるようになったので、疲れにくくなった。とおっしゃられています

 

当院ではお家でもできる柔軟体操などのセルフケアなどもご希望の方にお伝えしております!!

 

産後の体型や腰の痛みが気になって仕方ない方は是非一度 ゆかわ鍼灸整骨院にご来院下さい


ゆかわ鍼灸整骨院口コミサイト

梅雨時の身体の怠さや不調は当院へご相談下さい。

2018年06月8日

皆さんこんにちは!

 

とうとう近畿地方も梅雨に入り蒸し暑い季節が来ました・・・

外気温や湿度の影響で身体のコンディションが優れなくなってしまう方もいるかと思います。

 

腰痛の8割はストレスから来る!

 

とも言われ、温度や湿度などが安定しない状態は身体に重怠さや肉体的なストレスがかかってしまい

その結果、慢性的な腰痛に悩まされる事につながります。

 

そこで大切なのが、筋肉に負担がかかって硬くなり、痛みが出てくるので

身体を温めて血流を良くする事が重要になってきます。

item.675.1

身体を温め体温を上げているのは5~6割以上が筋肉の影響によるものが大半です、

というわけで筋肉の柔軟性を高め、全身の血流を改善することはすごく大切になってきます。

 

そこで筋肉の柔軟性を高めるために骨盤矯正は有効な手段の1つで、骨格の歪みを整えていくと筋肉に無駄な負担がかからなくなり、パンパンに硬まっていた筋肉が徐々に緩んできて血流が改善しやすくなります。

 

ゆかわ鍼灸整骨院で筋肉を柔らかくし、イヤな梅雨の時期を乗り越えましょう!

ゆかわ鍼灸整骨院口コミサイト

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ゆかわ鍼灸整骨院

〒658-0051

兵庫県神戸市東灘区住吉本町2-14-1

078-841-7333

ホームページより24時間インターネット予約受付中~!

 


1 2 3 4