長年の猫背が気になってパソコン作業がしんどい方!

2019年01月18日

こんにちは、東灘区にありますゆかわ鍼灸整骨院です。

今回は多くの方が悩んでいる猫背についてお伝えしていきます。

そもそもなぜ猫背や姿勢が悪くなるのでしょうか?その原因として考えられることは大きく分けて3つあります。

 

一つ目はデスクワーク

猫背や肩コリで悩んでいる多くの方がパソコン作業をしています。

長い時間、座ったままのパソコン作業

一見座っているだけですが、実際は身体に大きな負担がかかっています

椅子や机の高さ、パソコンの位置はいかがですか?

長時間、身体に負担がかからないように作業をしていくうえで、とても重要です!!

 

二つ目は胃や腸、内臓の不調

内臓の働きは自律神経にも影響を与えるため、猫背にも関係します

 

三つ目は心因性

良くないことがあったり、落ち込んでいると、気が付かないうちに下を向いてしまいます

そのが猫背の原因になりうることもあります。

 

 

 

このように猫背になる原因は様々です。

では、実際にどのように姿勢が悪いのか、どうなっていたら良くないのでしょうか?

 

①内側に肩が入っている(巻き肩)

②背中が丸まっている

③首が前に出ている

これら3つは別々のように見えて実はすべて関連しています

 

巻き肩になることにより肩甲骨が外側に引っ張られて背中が丸まります

また、巻き肩になると、頭が前に出ます

 

そして、バランスをとるために、顎を前に出します

そうすると、頭を支えるために首の後ろの筋肉は常に頑張らなければならない為、負担がかかり続けます

 

そうなるとコリや痛みとして出たりします

 

また猫背で背中の筋肉が伸びて緊張する一方、胸やお腹の筋肉は縮まってしまい

浅い呼吸になってしまいます

 

そのため酸素を取り込む量が減り、頭がぼーっとしたり

集中力の低下、肌荒れにもつながります

 

 

このように、姿勢が崩れ、猫背になることにより様々な体の不調を引き起こす原因をつくります

 

そうなる前に、まずは姿勢をチェックしにいらしてください!

 

長年の猫背で見た目や日常生活にお困りの方は、ぜひ一度 東灘区住吉ゆかわ鍼灸整骨院にご来院下さい。