坐骨神経痛  東灘区住吉ゆかわ鍼灸整骨院

2021年11月18日

こんにちは!ゆかわ鍼灸整骨院ブログ担当です

今回は最近多い坐骨神経痛について書いていきたいと思います

 

坐骨神経痛は腰から足にかけてシビレや痛みなどを引き起こします

ひどくなると日常生活に支障をきたし、夜寝ているときも痛くて熟睡できないこともあります

通常は骨盤など骨格を調整したり筋肉を調整していくことにより改善されていきます

 

 

(当院で見つかった坐骨神経痛の原因としては)

1,梨状筋の硬さによるもの

お尻の筋肉の中に梨状筋(りじょうきん)というものがありますが、この筋肉により坐骨神経が圧迫されて痛みシビレなどを引き起こすパターンが多いですが、この場合は比較的早期に症状が改善していきます

 

2,腰椎ヘルニアによるもの

骨盤や股関節のゆがみがあると、その骨盤の上にある腰椎(腰の骨)がバランスを崩してゆがみが出てきます

そのゆがみが腰の軟骨をもゆがませて結果的に神経を刺激するのが腰椎のヘルニアです

骨盤や股関節などのゆがみを調整すると骨による圧迫刺激が無くなるので坐骨神経痛は改善されていきます

 

3,猫背などの姿勢によるもの

姿勢が悪いと正常ではない方向に骨盤が傾き、坐骨神経に負担がかかるため症状が出てきます

さらにその状態を続けることで酷い腰痛にも繋がっていきます

 

 

坐骨神経痛の改善方法は色々ありますが、まずは風呂上りにお尻まわりをストレッチしてください

その他ウォーキングなどの軽い運動を行い血流を良くしていくことによって症状が改善していくこともあります

 

セルフケアの方法がわからない場合や、なかなか症状が改善しない場合は是非ゆかわ鍼灸整骨院へご相談ください!

 

 

 

 

東灘区の住吉で腰痛、肩こり、頭痛、猫背、自律神経失調症、不眠、耳鳴り、その他お体の悩みは ゆかわ鍼灸整骨院